心の在り方

一般就労者(サラリーマン)を馬鹿にしてはいけない

投稿日:2018年8月7日

最近は、副業、起業ブームです。

そして、働き方改革なども言われています。

そんな中で、一般のサラリーマンを馬鹿にする
そんな風潮があります。

若い人に多いです。

いや、馬鹿にしていないですよ、
という人もいますが
自覚がないだけで、馬鹿にしています。

例えば、スーツを着たサラリーマンのイラストで
首輪をされているモノとかを使って
サラリーマンには未来はない!
等と言っています。
それをサラリーマンを馬鹿にしていない
問題提起しているだけだ、というのです。

また、スピリチュアル系の人でも
普通に働くのは苦しいだけ
あなたには使命がある、
等とあおります。

言っている人は、ビジネスで成功した人か
親がお金持ちとか
すでに結婚している主婦とか
いろいろなパターンがありますが
いずれにせよ、サラリーマンではありません。

そういう人の配信を聞いていると
普通の人まで苦しくなってしまいます。

あなたは地獄の中に生きている!
と言わんばかりです。

人には、それぞれ生き方と特性があります。
ですから、サラリーマンとして生きていくことは
全く悪いことではありません。

大事な事は、休日等の空いた時間に
どれだけ学べるのか、です。

サラリーマンをやりながら副業で富を構築する、
そんなやり方もいいのです。

何が言いたいんですか、松田さん、というと
サラリーマン=ダサいみたいな風潮には
耳を貸す必要はありません。

そういう人たちに
あおられないようにしてください。
一人一人の労働があって、
社会は成り立っています。

ネット起業家よりも
サラリーマンの方が下ではなくて
働き方の違いです。

思春期の女の子が、お父さんいや!気持ち悪い!死ね!
と言っているレベルで、何もわかっていないのです

もしくは、わかっていて、営利目的であえてやっているのです(こちらはかなり悪質です)

若造のお坊ちゃんや
大人の反抗期みたいな小娘が
偉そうな口を叩いていますが
ほうっておきましょう。

そのうち思い知る事になるでしょう。
この世の中で最も恐ろしいのは
サラリーマンなのです。

イスラム国のテロリストを馬鹿にするよりも
恐ろしいことをしている事に
そのうち気づくことになります

サラリーマンをネットで馬鹿にすると
数年~数十年後、忘れた頃に仕返しされます。

YouTube等でデカい口を叩いている
若造や小娘どもは
そのうち思い知る事になるでしょう。

この世界でもっとも恐ろしい存在は
サラリーマンであって
普段彼らがバカにしている
その辺を歩いているおじさんやおばさんが
実は最も恐ろしい存在だという事を。

大人の反抗期状態の人間に耳を貸す必要はない

私の父親は30年間サラリーマンでした。
今は心身ともにボロボロになり失明寸前ですが、
私を育ててくれました。

ですから、私は介護をしています。
私の父親は与え続けました。

それが返ってきているのです。

私が与える番なのです。

若造や小娘たちは、与えられている事に気付きません。

お父さんと一緒の洗濯機は嫌!と
父親を毛嫌いしている
反抗期の思春期の女の子みたいです。

与えられてる事に感謝している人は
サラリーマンを馬鹿にしません。

普通にサラリーマンしている人でも不幸な人も幸福な人もいるし
社長でもいます
ネット起業家でも、投資家でもいます

生き方は人それぞれ

子供の育て方も介護の仕方も人それぞれ

他人がどうこう言う問題ではありません

ましてや、経済的状況だけを見て生き方を馬鹿にしてはいけないのです

 

 

-心の在り方

Copyright© 健康に成功する方法 , 2020 All Rights Reserved.