スピリチュアルトラベル記

モン=サン=ミッシェルに行ってみて感じたこと

投稿日:2018年7月17日

モン=サン=ミッシェルは聖なる大天使ミカエルの山という意味です。

パリから車で2時間くらいのところにあります。

いろいろな歴史があり、修道院の時もあれば監獄の時もあったり、壊されたり、建て直されたりいろいろです。

この中には、巨大な修道院や大天使ミカエル関係の教会があります。

基本的に山なので、上り下りには体力を使いますが、くまなく散策してみました。

ドラクエでいったら宝箱を探して意味もなく通路を歩き回ったりする感じで、人がいない場所にも入ったりしました。

ファミコン世代にはたまらない場所と言えるでしょう。

島全体もダンジョンですが、上部にある修道院は巨大なので、ドラクエのようなダンジョンと同じ感覚で歩き回っていました。

ドラクエのように狭い通路を抜けた後、大広間の横に謎の地下通路があって、鉄格子があって入れないのですが、中に謎の祭壇があったりします。

それがたくさん巨大な敷地内に広がっているんです。

ドラクエが好きな人はリアルドラクエを楽しめる場所です。

少し話がそれましたが、そんな子供心といいますか、神秘的な力で作られた場所です。

昔から多くの人が愛している場所です。

スピリチュアル的にも観光的にも楽しめる場所です。

レンヌ駅からモンサンミッシェル行きのシャトルバスから見えるフランスの田舎の景色も美しいですよ。

 

 

-スピリチュアルトラベル記

Copyright© 松田豊 公式ブログ~健康に成功する方法~ , 2020 All Rights Reserved.